2005年10月26日

原稿が美しく見えるらしい(からす口)

原稿が美しく見えるというので「からす口」を使う人もいます。

これは線の太さを自分の好きなように調整できるシロモノです。

で。
使い方はカラス口の隙間にスポイトとかを使って、墨を注しこんで使うんだそうです。

そんな使い方を知らない私は、からす口をそのままズボっと墨につっこんで使ってたわけです。
そうすると、余分な墨を含みすぎてるから

ボタボタボタ〜〜〜ッ!!!(かなりの量の墨がたれ落ちた模様)

うわ====!!!!(驚愕)

何でや===!!!(泣)

と、一貫の終わりにしてくれた(自分がしたのだが)訳です。

あと、乾かないうちにこすってしまったりとか…。
職人向けなのかもしれませんね。


posted by 宇部ともち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ペン・筆・筆ペン・ラインペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。