2005年11月01日

デザインならこれ!(IllustratorCS2(WIN))

デザインソフトの中では
IllustratorCS2(WIN)」の使いやすさは秀逸です。

原画、写真の配置、フォントの配置、オブジェクトの配置、配色、間隔の取り方など、イラストレーターは感覚的に操作できるので、一度慣れてしまうと手放せないソフトになります。
ベジエ曲線もなれるまで苦戦を強いられることがありますが、一度扱えるようになると、これほどデザインの強い見方になるものはありません。

デジコミでの用途ですとペン入れ、トーン貼りなどをフォトショップなどで行い、その画像をイラストレータにもってきて写植するという手法や、ベジエ曲線でペン入れして、トーンはパターン化したものを覚えさせて使い、写植までこれ1本で行う方法もあります。
何故イラストレーターで写植するのかというと、フォントの再現が美しいからです。
ソフトの仕組み上、フォトショップのようなギザギザな文字にはならないのです。
個人的には原画はフォトショップで、写植はイラレでという方法が使いやすいように思います。

レイアウトやデザイン系のソフトなので、フォトショップのような
ペイント系の機能はありません。

↓詳しくはこちら

Illustrator CS2 日本語版 Windows版 ILLUSTRACS2/12J-W [ILLUSTRACS212JW] 【J:5029766677139-9-145】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】


IllustratorCS2(WIN)
価格 83,400円(税込)


posted by 宇部ともち at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | デジコミ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。