2005年11月03日

カラー原稿の保護に(トレーシングペーパー)

アナログのカラー原稿はモノクロに比べて取り扱いに注意を要します。そんなときには
「トレーシングペーパー」で保護してあげましょう。

原稿用紙と同じサイズか、それよりもやや大きめのトレーシングペーパーを用意し、
上両端と真ん中あたりを固定します。(下は固定させません。)
テープは原稿用紙の裏にかかるようにしてください。

トレーシングペーパーを固定させるテープにメンディングテープを使うのは避けましょう。
メンディングテープは切れ目があると、ものすごく切れやすいので、トレーシングペーパーが剥がれ落ちる可能性が高いからです。

印刷屋さんに写植等の指示がある場合は、このトレーシングペーパーに書き込みましょう。

トレーシングペーパーは文房具屋などでバラ売りのものを買ったほうがお得です。
(トレペは50枚とか100枚とかあっても仕方ないから…。(><;))


posted by 宇部ともち at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カラー画材類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。