2005年10月28日

とにかく細い線に(日光丸ペン)

見た感じで、これはゼブラより細い線に向くかなと。(笑)「日光丸ペン

筆圧とペンタッチのカンジでペン先はかなり好みが別れると思います。

丸ペンでもゼブラでも柔らかくて肌に合わないって人に試して欲しい1品です。(←あくまでこの辺他力本願)

日光のペンはゼブラのペンより硬めなので、この丸ペンも硬めだと思います。


↓詳しくはこちら




日光丸ペン
定価 550円


posted by 宇部ともち at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日光丸ペンは専用軸を(日光丸ペン軸)

日光丸ペン軸

日光丸ペンは専用のペン軸があるので、そちらを使うことをオススメします。

持つところが細そうだな〜。


↓詳しくはこちら




日光丸ペン軸
定価 170円
posted by 宇部ともち at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柔らかいタッチの丸ペン(ゼブラ丸ペンEタイプ)

Gペンに近い感じがする「ゼブラ丸ペンEタイプ」。

元々のペンタッチが柔らかいので、硬いペンタッチが苦手な人にオススメ。
気がつけばGペン並みに太い線になることも…。(^^;)

ゼブラの丸ペンには2種類あります。

【Aタイプ】-硬筆タイプ。今まで出ていたのと同じ。筆圧が高い人向け。
【Eタイプ】-軟筆タイプ。筆圧が低い人向け。

パッケージですが、黄色っぽいパッケージがAタイプ。
水色っぽいパッケージがEタイプです。

AタイプはパッケージにAという表記がありません。

バラ売りのものを購入するときは商品名をよく確認してから購入しましょう。
(Eの表記がない場合は大概Aタイプです)

↓詳しくはこちら




ゼブラ丸ペンEタイプ
メーカー小売希望価格 3,150円 (税込)
posted by 宇部ともち at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

主に使っていたペン(ゼブラ丸ペン)

私が主に使っていたペンは「ゼブラ丸ペン

何からナニまでほとんどコレ1本!!(笑)
ゼブラの丸ペン大好き!

丸ペンは細い線を書くのに良いとされていますが、ゼブラの丸ペンはなじんできた状態が抜群に良いのです。
細い線からGペン並みの太さまで自由自在になっちゃう。
この自由自在期間はものすごく短くて、しかもそこに到達するまでに結構書いてやらないといけないのですが、それを差し引いてもこの自由自在期間は良い!!

あ、ちなみにゼブラの丸ペンはAタイプとEタイプがあります。

【Aタイプ】-硬筆タイプ。今まで出ていたのと同じ。筆圧が高い人向け。
【Eタイプ】-軟筆タイプ。筆圧が低い人向け。

私はAタイプの人間です。そんなに筆圧が高いわけではないのですが、Eタイプは軟らかすぎてすぐ線が太くなるので、私には向いていませんでした。

AタイプかEタイプかは好みが別れると思いますので、その辺は実際に使って試してみてくださいね。

↓詳しくはこちら




ゼブラ丸ペン」(Aタイプ10本入り)
定価 1,100円
posted by 宇部ともち at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一般に人気のGペン(ゼブラGペン)

一般に人気のGペンが「ゼブラGペン」。

ゼブラは丸ペンともども人気があるんですね〜。

かくいう私も一度使ってみたことがあります。
ペンタッチは柔らかめ。
ゼブラの丸ペンEタイプに似たペンタッチだったように思います。
ペンタッチが柔らかいので、ゼブラのGペンは強弱をつけやすいです。(日光のGペンはつけにくい)

これから書きはじめるという方にはゼブラのGペンを試してみるのも手ですよね。
人気があるものにはやはりそれなりの理由があるもんです。

↓詳しくはこちら




ゼブラGペン」(10本入り)
定価 700円
posted by 宇部ともち at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の使っていたGペン(日光Gペン)

丸ペン一筋な私ですが、時間があればGペンと併用して書きます。
そのときに使っていたのが「日光のGペン」。

目と髪を丸ペンで書いて、輪郭、体、服なんかはGペンで書くの。

え?
めんどくさくないかって?

そりゃあもう
「メンドクセ==!!!」
の一言。(笑)

本来丸ペンは細い線に使うペンですから、印刷には向いている線とはいえないんです。
印刷屋さん的には細っそ〜い線はとびやすい(線がかすれやすい)から嫌いなんです。
んで、できるだけ親切な原稿にしようと私はGペンと丸ペンを併用する訳です。

そして1ページやればいいほうかな。
後は丸ペンオンリ〜。(←分けて書いてる意味がない。笑)

そんな時に使ってたのが日光のGペンだったのです。
ペンタッチとしては硬め。
この硬さが時として丸ペン並みの細さをかもしだす時があったので使っていました。
筆圧の高い人向けかな。

↓詳しくはこちら




日光のGペン」(10本入り)
定価 700円
posted by 宇部ともち at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かぶらペンって?(日光かぶらペン)

背景など、均一な線を書くのに良いとされているのが、かぶらペン。
私は日光派なので紹介するのも「日光かぶらペン」。(笑)

かぶらペンは
「鏑(かぶら)ペン」「サジペン」「タマペン」
などと呼ばれているようです。

実際のところ、私はかぶらペンをあんまり(というかほとんど)使ったことがないのです。
過去の記憶を遡りますと…
ペンタッチは硬め。
だったように思います。

線の強弱のない平坦な線が書けます。
Gペンは強弱をつけやすいペンなのですが、反面、慣れるまで時間がかかります。

かくいう私もいまだに慣れていないので、ペンの向きによってはかすれのような線になってしまうことがあります。ぬお〜〜!!!

はじめてペンを触る人に向いていると思います。

↓詳しくはこちら




日光かぶらペン」(4本入り)
定価 350円

posted by 宇部ともち at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一般に人気のかぶらペン(ゼブラかぶらペン)

ゼブラかぶらペン
かぶらペンでもどうやらゼブラは人気のようです。
強いですね。(笑)

平坦な線を書くのに向いているかぶらペンなのですが、これ1本で書き上げてしまう人もいます。
細い線のところ(髪とか)を丸ペンのかわりに使う人もいます。
丸ペンは疲れやすいので(私は妙に力が入って疲れやすい)、かぶらペンで書くほうが腕や肩にはやさしいかもしれませんね〜。

↓詳しくはこちら




ゼブラかぶらペン」(4本入り)
定価 350円
posted by 宇部ともち at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そうそう軸がいるのよ(ゼブラ丸ペン軸)

丸ペンを使うときには丸ペン専用の軸に差し込んで使います。「ゼブラ丸ペン軸

丸ペンでもゼブラ丸ペンはゼブラ丸ペン専用のものを使います。
日光丸ペンは日光丸ペン専用の軸があります。

丸ペンの軸はメーカーが違うと軸に入らないのでご注意をば。

さて、このゼブラの丸ペン軸。
注意して購入しないと、書いているときにグラグラするとか、ペンの抜き差しがしにくい。
というトラブルが起こることがあります。
できることなら一度丸ペンを差し込んでみて、具合を確かめてから購入するのが一番なのですが、それもできかねると思うので、見た目で差込む部分の芯が割れてないかとか、芯が偏ってないかとか注意して見てから購入しましょう。

私は抜き差しがしにくい丸ペン軸を購入してしまい、軸部分にインクがかたまって抜けなくなるトラブルがありました。
しかも修羅場中に!(泣)
ペンチで抜いたのですが、次のペンが入らなかったので、別のペン軸を購入しなおしました。

ペン軸の具合の確認と、お手入れはきちんとしましょうね〜。

↓詳しくはこちら




ゼブラ丸ペン軸
定価 170円
posted by 宇部ともち at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gペンは専用軸で(木製ペン軸)

GペンにはGペン専用のペン軸がオススメです。「スタビロ 木製ペン軸 Gペン用

Gペンの軸には丸ペンと共用のものがありますが、私はGペンはGペン専用のものをオススメします。
共用ペン軸はGペン専用軸にくらべて、持つところが太くなる傾向があります。

私が太いペン軸が苦手だったのもあるのですが、この共用ペン軸、ペン先の重心バランス(表現が何かヘンだけど)が微妙に悪い気がするのです。
思っているところと少しズレるカンジがするのです。

その多少のズレが、私には案外気持ち悪かった。(線を書く毎に気持ち悪さを感じるんだから結構ストレスになった)

ので、Gペンのペン軸はGペン専用のものを使っています。
あ、もちろんこのGペン専用軸はかぶらペンやスクールペンとは共通なので、そこらへんは一緒に使ってくれていいです。

私はGペン丸ペン共用のものに慣れてる!
という方がいたら、それはそれでいいと思います。
1本で済むほうが便利だもん。

この辺はお好みですが、とりあえず私のオススメでGペンにはGペン専用軸にしておきます。

↓詳しくはこちら




スタビロ 木製ペン軸 Gペン用」(レッドorブルー)
小売希望価格1本 157円
posted by 宇部ともち at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Gペン、丸ペン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。