2005年10月29日

使いやすい長さの定規(アクリル直定規 30cm)

枠引きには40cmのものがいいとオススメしましたが、実質使いやすいのは「アクリル直定規 30cm」のものだったりします。

ちょっと40cmのって長いんだけど、対角線ラインを引くのには30cmのものだと足りないときがある。

それでも使いやすいのは30cm。

長さが足りない時のみ40cmのものを使って(それなら1mのものでもいいだろうと言われそうですが…。(^^;))
普段は30cmってのもいいのかもしれませんね。


↓詳しくはこちら




アクリル直定規 30cm
価格 465円 (税込)


posted by 宇部ともち at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 定規・テンプレート類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キレイな円を書こう!(テンプレート・円)

まん丸な円を描くには「テンプレート・円」がオススメ!

っていってもコレ、高いんだよね〜。
しかも一枚あたりの形が決まっているので、それぞれ欲しい形ごとに買わなくちゃいけない。

それでもカップなどを使って円を書くのに比べたら、キレイなので
(カップで描くと、見えない部分で線が歪むことがある)
よく使う円のものがあれば買っておくのも良いでしょう。


↓詳しくはこちら




テンプレート・円
定価 900円
posted by 宇部ともち at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 定規・テンプレート類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

枠引き用は長い定規を(直定規 40cm)

枠引きに使う定規は使用する原稿用紙の対角線分ほどの長さのものがあると使いやすいです。
アクリル直定規 40cm」(これぐらいの長さだと、同人誌用)

何故対角線分の定規がいいかというと、変形コマを描くときなどに重宝するからです。

あんまり長すぎるのも使いにくいのですが、原稿用紙の縦の長さ分しかない定規よりも使いやすいように思います。

使い方は定規の裏に一円玉を数箇所貼って線を引くと、定規の間にインクが入ってにじむなどということがなくなります。

私は面倒くさがりなので、定規を逆さまにして線を引いていました。
ですが、この逆さま方法はあまりオススメできません。
何と言ってもズレやすいからです。

ペンを垂直に立てて線を引けばさして問題ないのですが、そもそも定規を逆さまにして使う人間がそんなに几帳面な訳ありません。(笑)
そのため、目指すラインよりやけに内側寄りになったり、外側寄りになってしまったりしてました。

でも、この定規はもともと溝があるので使いやすいと思います。



↓詳しくはこちら




アクリル直定規 40cm
価格 658円
posted by 宇部ともち at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 定規・テンプレート類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普段使う定規(直定規20cm)

普段の集中線とか背景に使う定規は、やはり「アクリル直定規20cm」といった、小回りのきく長さのものが良いです。

集中線などを引くときには、原稿用紙の裏から押しピンを刺し、(底が平らで汚れてない押しピン)テープで裏側から固定したあと、表に出た押しピンの軸を中心にテコの原理で線を引いていきます。

線を引き終わったら押しピンを外し、穴はホワイトで埋めるそうです。
そうするとキレイな集中線が引けるそうです。

そんなこと、したこともないですが…。(^^;)

人物に対して集中線を引くときには人物の鼻を中心に線を引くといいと聞いたことがあります。
理由は忘れましたが、人物の顔に対して集中線を引くときには私はずっと鼻を中心にしていました。

集中線など、コマ割の中に書く線は長い定規だとこすれやすくなるので、小回りのきく使いやすい長さのものを使いましょう。


↓詳しくはこちら




アクリル直定規20cm
価格 397円
posted by 宇部ともち at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 定規・テンプレート類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曲がった線ならコレ!(雲形定規)

曲線を引くなら「雲形定規」に限ります。

ゆるやかな曲線や集中線を書くのにはやはり雲形定規。
直線だけの集中線がスピードと勢いなのに対して、動き的なラインを加えるため、紙面に面白味が出るように思います。

雲形定規も使いこなすまで少し時間がかかるのかもしれません。
私はまだ使いこなせていません。(ちょっと苦手)

さて、雲形定規は実は某大手100円均一でもあったりします。
スゴイ!
でもそこはほら、やっぱり100円均一。

微妙にカーブとカーブの境目が歪んでいたりしています。
線を引くと分かる微妙な歪みなので、手にとっただけでは分かりません。

そんな歪みがあるのは嫌!
という人にはメーカー製のものをオススメします。


↓詳しくはこちら




雲形定規
通常価格 1,200円
posted by 宇部ともち at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 定規・テンプレート類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。