2005年10月30日

デリータスクリーン

よく流通しているトーンの一つに「デリータスクリーン」があります。
何と言っても価格がお手ごろなので、入手しやすいかと思います。

デリータ製のものはフィルムが少し硬めだと思います。
トーンの糊も弱めなので、貼り直しがしやすい反面、細かいところとなると剥がれやすくなるので、透明テープなどで補強してあげる必要があります。


posted by 宇部ともち at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | メーカートーンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デリータスクリーンジュニア

デリータスクリーンのハーフサイズな「デリータスクリーンジュニア」。
価格が安いので、初めてトーンを使う方にいいと思います。
posted by 宇部ともち at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メーカートーンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイシースクリーン

「アイシースクリーン」もかなり流通しています。
消耗品としては、ちょっと高めかもしれません。

アイシーのトーンはフィルムが柔らかめなので、切る作業がしやすいです。
糊も定着させる前は弱いのですが、定着させると紙を剥ぎ取ってしまうぐらい
しっかりくっつくので(時間がたってもしっかりくっついてしまう
傾向があると思います)、修正は定着する前にしてしまいましょう。

糊が特殊なので、定着させないと下の線が少し見えにくいような気もします。
posted by 宇部ともち at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メーカートーンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイシースクリーンユース

アイシースクリーンが高い!という方は、廉価版の「アイシースクリーンユース」も出ています。

個人的にはこのシリーズは結構使っていたりします。
アイシースクリーンと版が違うため、同じアミモノでも重ねるとモアレが出るので注意が必要です。
posted by 宇部ともち at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メーカートーンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイシーイラストスクリーン

アイシースクリーンの半分のサイズのトーン。
初めてトーンを使う方にいいと思います。
posted by 宇部ともち at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メーカートーンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAXONコミックパターン

「MAXONコミックパターン」も耳にします。
田舎ではほとんど見かけない…。(私はうどんの国からこんにちわ人間だ=!笑)
地元では美術系の店が入荷してるのですが、田舎の美術系の店は入りにくくって、いっつも他のトーンにしてしまいます。(><)

そんな個人的なことはどうでもいいとして…。

ほとんど使ったことはないのですが、これも使いやすいと思います。
posted by 宇部ともち at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | メーカートーンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jトーン

最近見かけるようになったのが「Jトーン」

Jトーンは気をつけないとすぐ剥がれてしまいます。
定着させても剥がれる(!)ので、よっぽどの注意が必要かと思われます。
(透明テープで補強しておくとか…)

個人的にはフィルムと印刷の濃さが一番好きなんですが、やはり糊が弱すぎるので、必要な柄以外は手出しできないでいます。
posted by 宇部ともち at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | メーカートーンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。